心理学

神社ミッションをしてはいけない人がいる?!その人の特徴とは?

心屋仁之助さんのセミナーで有名な
お賽銭に1万円を投入するという神社ミッションですが

実はこの神社ミッションをやってはいけない人がいるんです。

それは、ある共通する特徴を持った人!!

今回は神社ミッションをやってはいけない人の
特徴についてまとめてみました!

神社ミッションをやってはいけない人の特徴

神社ミッションやってはいけない人とは?

神社ミッションをやってはいけない人とは下記のとおり

お金を払う方が楽、お金を出す方が楽だと思っている人

です。これらに当てはまる人は神社ミッションを
やってはいけないようです。

例えばどんな人?

例えば、
誰かにお金を貸したり、
誰かにご飯を奢ったり、
自分のことにはお金を払わないで他人の為にお金を使ってしまう人のこと。

これらの人は神社ミッションをやってはいけない人の特徴です。

 これらの人を自己犠牲/だめんずメーカーと言う

心屋さんいわくこれらを言い換えると上記のような人たちのことを

”自己犠牲な方” ”ダメンズメーカー”と呼ばれています。

何かもめごと、困ったことがあると
自分を犠牲にして人に尽くすことで
自分を保とうとするんだそう。

自分に出すよりも、誰かのために上げるほうが
楽というそんなイメージ!

おそらくこういった人は神社ミッションをやっても
普段から自己犠牲することに慣れているから、

あまり効果を感じられないのかもしれない。

私も自己犠牲やってたかも

たしかに私もよくよく考えると誰かにお金を出すことで
自分に価値を感じる時があったな。

例えば、姪っ子ちゃん。

私には2歳になる姪っ子ちゃんがいるのですが

お菓子やジュースを買ってあげるたびに
「やったーーーー!!!」
とめちゃくちゃ良いリアクションで喜んでくれるので

自分が使いたいお金は我慢するのに
姪っ子ちゃんにはひょいって出せちゃうんですよねー。

私が神社ミッションした時に

こんなお告げがありました↓

神社ミッションは効果なし?実際やってみた体験談とその後の変化!

そして不思議と自分の為に使ってあげれば

お金が”ある”ということに

気づけるんですー(´ー`)!!

神社ミッションやってはいけない人はどうすればいい?

じゃあ、神社ミッションをやってはいけない人は

どうすればいいのか?

心屋さんいわく、こういった人は

”お金を払わないミッション”

を行うのが効果的なんだそうです。

お金を払わないミッションとは

”いつもだったらお金を貸す人は絶対に貸さない”

”いつもだったらお金を出す人は絶対に出さない”

などなど、あえて

”人に冷たく、突き放してみてください”

おそらく、自己犠牲で生きてきた人たちにとっては

お金を払わないミッションは

神社ミッションよりも怖いことかもしれませんね(;´Д`)

まとめ

★神社ミッションをやってはいけない人は

自分にお金を使うことを後回しにして、

誰かにお金を貸したり、使ったりする人!

 

★上記のような人のことを

自己犠牲/だめんずメーカーという。

 

★そんな人は絶対に他の人にお金を使わないこと。

突き放して冷たくすること。

お金を使わないミッションを実行する事)

 

以上、神社ミッションをやってはいけない人の

特徴についてまとめてみました。

 

誰かの役に立てればうれしいです^^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。